blogmaps!~新世代ロックアーティストを応援するブログ
洋楽、エモ、スクリーモ、ポスト・ハードコア、パンク、ロック、オルタナのレビュー♪
カテゴリー

最近のコメント

お気に入り

Lc.ツリーカテゴリー

  • エモ・ロック(43)
  • ビューティロック(38)
  • ロック(27)
  • 激コア(28)
  • ラウドロック(7)
  • ダンス・ハウス・ポップ(3)
  • ジャパン・エモ(1)
  • 未分類(29)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
Funeral for a Friend【フュネラル・フォー・ア・フレンド】

B0009I7NP8.jpg

Hours
【アワーズ】

ロック的なアプローチで、聴かせるバンドになった

Funeral for a Friend【フュネラル・フォー・ア・フレンド】

まず、前作のデビュー作、「Casually...」で見せた衝撃が今回は無かったのが残念。スクリーモ・シーンに於いて、新しい勢力としてUKから登場した彼らだが、今回での路線変更ではファンの間にも波紋が広がりそう。

M1~M3は前作からの勢いを受継いでます。特に「Streetcar」は名曲!

以降は、ロックぽい曲で聴かせる曲が中心。「Drive」、「Absense」が良いかな。

この作品は1年半と言う比較的短い期間内でのリリースだったし、次回作で彼らがどんな音楽性を追求していくのか、期待!?


FFAFのファンとして、この作品は過渡期的作品と考えます。
とりあえず、オススメは、前作!

アワーズ
Casually Dressed&Deep in Conversation


試聴:http://www.purevolume.com/funeralforafriend
▲TOP
Daphne Loves Derby、【ダフニ・ラヴス・ダービー】

B0009HBPK8.jpg

Closing Down the Pattern Department [EP]
【クロージング・ダウン・ザ・パターン・デパートメント】

予告:来月ブレーク必至のエモ・ロックバンド!

Daphne Loves Derby【ダフニ・ラヴス・ダービー】
はPurevolume.comを中心に人気を集め、トータルで200万回以上の試聴を記録。

彼らの魅力はなんと言っても、若々しさ(20代前後だったか??)、そしてメロディの洗練度。

「Closing the Pattern Department」と言う曲は名曲!

フルアルバムのリリースは7月末なので、8月にブレークするかも!?

Amazon.com情報:

オリジナルリリース: 05/5/10
レーベル: Outlook Music

試聴:http://www.purevolume.com/daphnelovesderby

▲TOP
Motion City Soundtrack、エモ、ロック、パンク


B0009G3B92.jpg
Commit This to Memory
【コミット・ディス・トゥ・メモリー】(05/6)

Motion City Soundtrack【モーション・シティ・サウンドトラック】

ムーグ・ロックの新人が贈る最新作!

さて、前作(03年)でも、ムーグ(シンセの一種)で一躍注目を浴び、日本、US共に好評価を受けた彼ら。そして、今作も相変わらず、ポジティヴで好きです。

ムーグもそうなんですが、もう1つ注目すべきは、ボーカルの特徴的な声!気持ち良いです。あと、全体的に、ちょっとレトロ感漂うと思います。

プロデューサーには、Mark Hoppus(Blink-182)を起用。

試聴:http://www.purevolume.com/motioncitysoundtrack

I am the Movie(前作)
▲TOP
The Receiving End of Sirens、ポスト・ハードコア

B0007YMVE2.jpg
Between the Heart and the Synapse
【ビトウィーン・ザ・ハート・アンド・ザ・シナプス】

The Receiving End of Sirens【ザ・リシーヴィング・エンド・オブ・サイレンズ】

エクスペリメンタルと言う名のとおり、実験的要素が散らばる、ポスト・ハードコア(ハードコア以降。隙間を活かした演奏などが特徴的)。

ある意味、ミクスチャーにも近いけど、最近のスクリーモ勢と似た質感のサウンド。また、全体的に聴き易く、綿密なギターのアンサンブル、時折絡むシンセ(?)、ドラムスのノリも好きです。

ちなみに、実験的つながりで(?)、Circa Surviveとライブを共にしたらしく、そちらの評判も上々でした。


プロデューサーにThriceなどを手掛けたMatt Squireを起用したのも、個人的には好印象。

M2.Planning a Prison Break、M7. Intermission M8. This Armisticeなどが特に良いです。


Amazon.com情報:

オリジナル・リリース: 05/4/26
レーベル: Triple Crown
レビュー数: 8

試聴:http://www.purevolume.com/thereceivingendofsirens
▲TOP
Acceptance【アクセプタンス】、Phantoms

B0007WF1XW.jpg

Phantoms
【ファントムス】

Acceptance【アクセプタンス】はエモ・オルタナ・ロック系。
アメリカン・ロックを基本に、少し大人ぽい、しっとりした声が魅力です。

以前、EP(ミニアルバム)を2つのレーベルからもリリースしており、あのCopelandのMilitiaからは、「Black Lines to Battlefields」と言うアルバムを出しています。

Anberlin、Spitalfieldが好きな方にもオススメ!
あと、今だと、たくさん試聴出来るので良いですよ。


Amazon.com情報:

オリジナルリリース:05/4/26
レーベル: Sony
レビュー数: 17
ランク: #1393

試聴:http://www.purevolume.com/acceptance
▲TOP
Codeseven【コードセブン】、ビューティ・エモ

B0002YLDCI.jpg

Dancing Echoes/Dead Sounds
【ダンシング・エコーズ/デッド・サウンズ】

Codeseven【コードセブン】

確か、Funeral for a Friendのメンバー(誰だったか...)
のオススメ、バンドでした。
UKぽい、空間的、幻想的、ギターロック。
そして、高めのボーカル、ポスト・ロック的アプローチが美しいです。

とにかく、一筋縄でない、エモバンドですな!(笑

似てる、アーティストを挙げるのは、ちょっと難しいですが...
最近のUK叙情派(Keane、Coldplay)、USエモ(Sparta、Armor for Sleep(1st))、レディオヘッドのKid A、Amnesiacのエレクトロニカ、そして、とっつき易いアメリカン・ロックが混じる~(>_<)。

て、結局わけ分からんわなぁ(笑
でも、と・に・か・く・オススメっ!
ビューティ系で、ノレル、しかも癒される音楽ですよ。

あんま知名度ないから、隠れた名盤に認定できるかも?
(あくまで、個人的に、勝手に)

Amazon.com情報:

オリジナルリリース: 04/10/5
Label: Equal Vision Records
レビュー数: 9

そっこーで試聴:http://www.purevolume.com/codeseven
▲TOP
The Starting Line【ザ・スターティング・ライン】

B0009AJK5M.jpg

Based on a True Story
【ベースド・オン・ア・トゥルー・ストーリー】

The Starting Line【ザ・スターティング・ライン】
は爽快で、心地良い、エモーショナル・ロック(パンク)です。

「真実に基づいた、物語」と言うアルバム・タイトルです。

さて、似てるのは、Academy Is...、Plain White T's、Fall Out Boy、いわゆる、ポスト・テイキング・バック・サンデイ
テイキング...は青春系、エモーショナル・ロックの走りです。


Taking Back Sunday>>デビュー作、「Tell All Your Friends」(01)が、ビルボードで約2年間のロングヒットを記録する。


▲TOP
Funeral for a Friend

funeral.jpg

Casually Dressed & Deep in Conversation
【カジュアリードレスト&ディープインコンバセーション】(04)

Funeral for a Friend【フュネラル・フォー・ア・フレンド】

エモは主にUSで熟成していったジャンル、それが海を越えたUK(ウェールズ)から出てきたって事は、ジャンルの成熟と拡大を意味するはず。USのパワフルなサウンドに負けない強さ(元メタルバンドだった)と今のシーンに受ける、詩的(私的?)な文系ボーカリストと言うギャップが生み出す「妙」は、まさにエモと言うサブカルチャーをストレートに受継いだカタチ。


Casually Dressed & Deep in Conversation【カジュアリードレスト&ディープインコンバセーション】:
普通に聴いてて、UKと言うのを意識させないですね。1曲目からゴツゴツしたギターとスピード感、的を絞ったスクリームが炸裂します。普通のメロディックエモ系よりもロックでハードですが、スクリーモとまでは行きません、、、個人的にはこれが絶妙なバランスに感じてなりませんが、どうでしょう?3曲目の"Juneau"【ジュノウ(?)シングル曲】というナンバーはギターサウンドが凄いカッコイイですし、というか、全曲を通してギターリフが聴かせます。ボーカルの歌い方は、Dead Poeticに似てます。

04年のエモ・オルタナロック大賞!
勝手に授与します(笑

▲TOP
And You Will Know Us by the Trail of Dead
trailofdead_l.jpg

Worlds Apart
【ワールズ・アパート】

And You Will Know Us by the Trail of Dead
【…アンド・ユー・ウィル・ノウ・アス・バイ・ザ・トレイル・オブ・デッド】

というバンド名です。略して、Trail of Dead
「そして君は、死体の跡によって、我らを知る」
と言う不穏な雰囲気を漂わせる、バンド名は、
彼らの今作、「Worlds Apart」(=引き裂かれた世界)
を一層引き立たせるモノともなっています。


音楽的ジャンルは、ポスト・ハードコア、エモ、オルタナ、プログレッシヴなど
多角的に捕らえられる様相です。
欧米では、「ロックの未来!」と称される程の好評価も得ており、もちろん母国USでも好印象。

彼らの何が素晴らしいかと言うと、それは
一言で、「大仰な曲展開」と言えるでしょう。


イントロから始まるアルバムは、
戦争・抗争をテーマに展開し、まるで壮大な映画の世界に連れ去られた様な感覚。

そして、演奏は全体的に、ハードなのに、
それらを覆う様に、ピアノやストリングス、そして根底にグッド・メロディがあり、かなり聴き易いです。


というか、、、これは何か凄い、、、
こんな音楽他に無いんじゃないでしょうか?
聴くだけで、映像美を感じる音楽って凄くないですか?

Modest Mouse、Sonic Youthとかに比べられるようですが、
一番最近で近いのは、Arcade Fireだと思います。
こちらも独特でドラマティックな音楽です。

Amzon.com情報:

オリジナルリリース: 05/1/25
レーベル: Interscope Records
レビュー数: 20
ランク: #2115


▲TOP
Something Corporate、ピアノロック再び(*^^

somethingcorporate.jpg
North
【ノース】

Something Corporate【サムシング・コーポレイト】はエモ系ピアノ・ロックバンド。
最近ピアノ・ロックづいてるので、この機会に紹介しまっス。

Northは、
以前のポップパンクから一変して、今作はビューティフル!
生ピアノの音が、曲のアクセントとして効果的に使われていて、繊細さ、哀愁を誘います。

その上、なんとも詩的で美しい情景をイメージさせる歌詞も良いです。
"Down"、"Only Ashes"、"Me and the Moon"、"She Paints Me Blue"、などがオススメ。
あと、日本版にはBjork【ビョーク】のUnravelのカバー曲も収録してます!?

Copeland、Maeが好きな方に良いかも。

Amazon.com情報:

オリジナルリリース: 03/10/21
レーベル: Geffen Records
レビュー数: 155
ランク: #1660


今話題のブログbanner_03.gif


▲TOP
Relient K【リライアントK】、MMHMM

mmhmm.jpg
MMHMM


Relient Kの04年アルバムで、今年05年4月に日本版が
晴れてリリースされることに!
タイトルはBe My Escapeに変更されてますが、MMHMMと同じ内容です
(お決まりの、ボーナストラック以外)。
ちなみにこの「MMHMM」は「うぅーむ」みたいな擬音だと思いますよ。

彼ら、ポップパンクとも言われますが、今作を聴くかぎりでは、
エモーショナル・ロック(エモ)に近いと思います。
もちろんNew Found Glory【ニュー・ファウンド・グローリー】に近いノリなんですが、Anberlin、Spitalfield、Plain White T'sの様なロックが好きな方も気に入ると思いますよ。

てゆーか、ボーカルが凄い童顔でカワイイ系の顔なんで...
パンクと言うより、エモだよなぁ(あくまでルックスでは)(笑

とにかく、
最近ではSpitalfieldに続き、お気に入りですっ(*^^)

Amazon.com情報
stars-4-5.gif
オリジナルリリース: 04/11/2
レーベル: Capitol
レビュー数: 129
ランク: #2345

試聴:Purevolume.com
▲TOP
Jimmy Eat World、エモーショナルロック

futures2.jpg
Futures
【フューチャーズ】

Jimmy Eat World【ジミー・イート・ワールド】の04年リリースされたアルバムですね。
パワーポップ、モダンロックの形式に、多少エモのスパイスもあると言う感じ。
前作から3年(!)と言う長い期間だけあって、完成度、メロディ、共に素晴らしい出来です!


さて、このJimmy Eat Worldと言えば、01年のリリースアルバム"Jimmy Eat World"(セルフタイトル(Self Titled))は、後のエモ浮上に貢献した意義あるリリースでした。彼らによって、エモの認知度が一気に高まったと言っても、過言ではないでしょう。

(同時に01年はFinch、Thursdayなどによって、エモコア/スクリーモと言う音楽の認知度も高まってきた年。)

今作(04)も、もちろん傑作ですが、前作(01)の、少し垢抜けない、エモイ感触が逆に好きな方もいると思います。
フューチャーズは大道のメロディ・ロックなんで、もっと一般受けするのは間違いないですが(プロデューサーがPixiesを手掛けたギル・ノートン)

似てるアーティストは、Plain White T's、Academy Is...など
エモーショナル・ロック系です。

Amazon.com情報:
stars-4-5.gif
オリジナルリリース:04/10/19
レーベル: Interscope Records
レビュー数: 42
ランク: #357

試聴:http://www.purevolume.com/jimmyeatworld
MAPS21!ビューティフルロック一覧
JEWのライヴ感想ブログ:http://blog.so-net.ne.jp/project-f/2005-04-04
▲TOP
Open Hand、雑食系の渋エモバンド

youandme.jpg
You and Me
【ユー・アンド・ミー】

Open Hand【オープン・ハンド】のセカンドで、
個人的には前作より聴き易い、なじみ易い気がします。

エモと言われますが、ミクスチャー系と言った方が
分かり易いかも。スクリーモでも、エモコアでも無く、
とにかくいろんな音が響いています。

ただ、雑誌などを見たら、いまいち評価がぱっとしない。
確かにバンドとしての「方向性」、が分かり辛いかもしれない...

でも、
「楽しいのだ!」
エモ、メタル/ストーナー・ロック、プログレ、トランス、ガレージ、トライバル、
これだけの雑食性に思わず、
「あっぱれ!じゃ」(笑)

何と言われようが、他に無い音だと思います。
Jane's Addiction、Tool、Queens of the Stone Age、
などと比較されます。


ジャンル、ちょっと解説

ガレージ>>ガレージとは、主にアメリカの60年代後半に発展した、
アメリカのティーンネイジャーによるワイルドでラフなミュージックのことをいう。
自宅の車庫(Garage)などで演奏したことからこの名が付いた。

ストーナー・ロック>>へヴィメタルの一派で、スラッシュ(スピードメタル)、グラインドコアなど高速メタルに傾倒する一派の逆を行く音楽、つまりへヴィ&スローに進んだのが、Stoner Rockである。

トランス>>南ドイツ発祥といわれるトランスは、低いベースとドップラー・エフェクト、連続リフ、重なり合うパーカッションから構成される。


Open Handの一口情報:
~解散の危機からの起死回生

前作のアルバムリリース後、バンド解散の危機に陥った
Open Hand(ボーカル、Justin Isham以外が脱退する)。
だが、その後の精力的な、新メンバーによるバンド再生、
意欲的なレコーディングにより、実験的精神を持つアルバム(今作)が生まれる事になる。

特に大きな貢献をしたのは、歌える、パワフル万能ドラマー、
Paxton Pryorだった。メタルばりの演奏から、トライバル(源民族系)のモノまで幅広い。

Amazon.com情報:
stars-4-5.gif
オリジナルリリース:05/2/22
レーベル: Trustkill Records

その他ブログのレビュー:http://emr.jugem.cc/?eid=146
試聴:http://www.purevolume.com/openhand

ユー・アンド・ミー(国内)

▲TOP
Spitalfield、エモーショナルロック

stopdoing.jpg
Stop Doing Bad Things
【ストップ・ドゥーイング・バッド・シングス】

Spitalfield【スピタルフィールド】のセカンドアルバムです!
はっきり言って、かなり気に入ってますよ(笑)
Anberlin、Jimmy Eat World、Copeland、Sugarcultなどが好きならオススメします。

前作も、もちろん傑作でした、そして今作は全てレベルアップしたのです。
でもアルバムジャケは前回のがはるかに好きでしたが(笑)

Amazon.com情報:
stars-5-0.gif
オリジナルリリース:05/3/22
レーベル:Victory Records
ランク:#3026


remember.jpg
Remember Right Now
【リメンバー・ライト・ナウ】

以下はMAPS21!から。http://maps21music.com/alternative.html

ロック/パンク/エモ:ビクトリーレコードの新人(テイキング・バック・サンデイ、サーズデイ)で、シカゴ出身の4人組。ポップパンクながら、ロックサウンドの迫力も持ち合わせ、その上、多彩なアレンジも有り。インディーズ(エモやニルバーナ)の流れとポップパンク(グリーンデイなど)の流れを合わせ、90年代のラウドロックのスパイスも加えたら、こんなバンドが出来るのかもしれない。

んで、曲の感じは?まずキャッチーです!(笑)(だから、ポップパンクなんですが、そもそも)。勢いで突っ走る曲ばかり、という訳でもありません、ボーカルの少し鼻にかかった声が聴かせます。似てるのは、Anberlinです。

Amazon.com情報:
stars-4-5.gif
オリジナルリリース:03/6/17
レーベル:Victory Records
レビュー数:27

リメンバー・ライト・ナウ

試聴:http://www.purevolume.com/spitalfield

▲TOP
Straylight Run、「光の迷走」

straylight.jpg
Straylight Run


Straylight Run【ストレイライト・ラン】のファーストアルバムです。
新人ではなく、あのTaking Back Sunday【テイキング・バック・サンデイ】
の一部の元メンバー(ボーカル以外の2人だと思う)
で結成されたバンドです。


エモと言うジャンルに、また新たな風を持ち込んだ今作は、
テイキング...からは一変して大人の風格をただよわせます。
ピアノの導入、女性ボーカリスト、大仰なコーラスなど
ある種の品性と知性、そして大人の余裕の様なモノが感じられます。

エモはまだ、若い世代の音楽ですが、彼らが大人になって行くにつれ、
こういう音が生まれるのは当然かも知れない。
ある意味、これはエモの未来の姿なのかも??


近いアーティストは、最近新作もリリースした
...And You will Know Us by the Trail of Dead
オーケストラちっくな大仰な盛り上げが似てます(笑)

ちなみに、バンド名の意味は「光の迷走」、、、(たぶん)
カーッコイイー!

Amazon.com情報:
stars-4-5.gif
オリジナルリリース:04/10/12
レーベル:Victory Records
レビュー数:60
ランク:#1058

ストレイライト・ラン


▲TOP
Plain White T's、夏のエモーショナル・ロック

plainwhitets.jpg
All That We Needed
【オール・ザット・ウィー・ニーデッド】

Plain White T's【プレイン・ホワイト・ティーズ】のデビューアルバムです。

これは何か良いですよ!?
エモと言うか、「エモーショナル・ロック」って言葉が似合います。
Jimmy Eat WorldとTaking Back Sunday足して、2で割った感じ?
Anberlin、Spitalfield、Yellowcard系好きなら、良いかも。

ちなみにバンド名は「真っ白なTシャツ」(笑)
爽やかーだーー(笑)
これからの季節に最適だ!(夏の海へのドライヴなど?)

米、Warped Tour出演、そしてJimmy Eat World、Yellowcard、Sugarcult、
Story of the Year、Sum41
とのツアー経験も。

国内版

Amazon.com情報:
stars-4-0.gif
オリジナルリリース:1/25/05
レーベル:Fearless Record

その他ブログレビュー:http://blog.goo.ne.jp/syuh-ak/e/5963bd46d0ab5f6db45593322767ec45
試聴:http://www.purevolume.com/plainwhitets

▲TOP
Drive ThruレコードとPurevolumeのコンピ版!

drivethru.jpg
Drive-Thru Records and Purevolume.com [COMPILATION] [FROM US] [IMPORT]

ドライヴ-スルー・レコードとPurevolume.comのコンピレーションで超!お得版っ!

Drive-Thruは(New Found Glory、Finch、Midtown、Something Corporate、Senses Fail)など
パンク、ポスト・ハードコア、エモ系のレーベル。

二枚組で25曲入り+MP3形式でCDトラックとは別の楽曲がなんと120曲も!?
価格は1443円。

エモ系、USインディバンドの入門にどうぞ!

CD収録アーティスト:
Abbott Hayes
Day At The Fair
The Early November
Echo Screen
Fall Out Boy
Firescape
For Felix
The Format
The Goodbye Celebration
Halifax
The Hanks
Hellogoodbye
Hidden In Plain View
Houston Calls
Jack's Mannequin
The Juliana Theory
Madelyn
Matchbook Romance
Never Heard of It
Park
Say Anything
Self Against City
Sleep Station
Steel Train
The Track Record

MP3データ収録アーティスト:
A Sense Of Belonging
Abagnale
The Acadamy Is
Act As If
Addison
Adelphi
All Time Low
Almost Tomorrow
American Ave
American Diary
An Angle
anadivine
Ashbury
Aspen It Is
Asteria
Automora
Awake And Dreaming
The Bank Robbers
Bel Air Academy
Best Interest
Best Of Enemies
Big City Dreams
Bleed The Dream
Burning Rosewood
Calico Drive
Closed At Sunset
Codie
The Consequence
Daphne Loves Derby
David Melillo
Dexter Danger
Distance From Afar
Down For The Count
Down In The Park
The Drive Back
The Early Rising
Echo Freddy
Elite Stranger
Elseworth
Evermore
The Fall Of Autumn
Farewell Madison
First On Mars
Furthest Drive Home
Gibbler
The Goodwill
The Goodyear
Grandview
Gym Class Heroes
Halfway Home
The High Life
Hyperbole
I Can Make A Mess Like Nobody's Business
Ice Nine
Interference
Jenoah
John Connor
Kicking Howard
Lakeside
The Lifestyle
Lost In Line
The Maple State
Mashlin
Mikoto
Monday Mourning
Motionless
Mourning September
My Former Self
My Getaway
My Lost Cause
NICOTINE
No Easy Answer
Normal Like You
Nural
On My Signal
The Outcome
Overise
Parker Theory
Paulson
Peatent Pending
Pensive
The Plus Nomination
Preston
The Prize Fight
Punos
Reubens Accomplice
Rory
The Secret Handshake
The Semester
Sherwood
Small Towns Burn A Little Slower
Socratic
Someday Never
Stars Hide Fire
State Unfair
The Station Blues
Stimulis
Strike Fire Fall
Summer Hero
Team Hate Nelson
These Green Eyes
This Day & Age
This Providence
Three Weeks Yesterday
Tourmaline
Tripside
Underscore
Waking Ashland
Wasteed On Envy
Wester
What Truth Is
Wings Of Azrael
X's For Eyes
The Years Gone By


▲TOP
Academy is、エモコアバンドのデビューアルバム

academyis.jpg
Almost Here
【オーモスト・ヒア】

Academy Is【アカデミー・イズ】のデビューアルバムです。

エモコアと言うほどハードではなく、スクリーモでも無いです。
近いアーティストはTaking Back Sunday、などかな。

Fall Out Boy, Less Than Jake, Midtown, Matchbook Romance, Armor For Sleep,
Motion City Soundtrack,Something Corporate
などとツアーを共にしました。

全体的にミディアムテンポで聴き易く、
POPなエモコア/ロックと言った印象です。
3曲目、"Slow Down"は名曲!

Amazon.com情報:
オリジナル・リリース:05/02/8
レーベル: Fueled By Ramen
レビュー数:15
stars-5-0.gif
セールスランク: #1645

その他のブログのレビュー:
http://nobitakun.jugem.jp/?eid=131
▲TOP
Hidden in Plain View、エモコアレビュー
hiddenin.jpg
Life in Dreaming
【ライフ・イン・ドリーミング】

Hidden in Plain View【ヒディン・イン・プレイン・ヴュー】
のデビューアルバムです。前回のArmor for Sleep同様、
エモコア系です。

とにかく、ボーカルの声が好きな系統で、2人(以上?)のコーラスが
Taking Back Sundayなどに似てる感じで心地良いです。

A Thorn for Every Heart、Funeral for a Friend
あたりが好きな方にオススメします。

リリース:05/2/22
レーベル:Drive Thru
Amazon.comの評価
stars-4-0.gif

ランク:1397

他のブログでのレビュー:http://miranosand.exblog.jp/1552558
試聴:http://www.purevolume.com/hiddeninplainview
▲TOP
Waking Ashland
wakingashland.jpg

Waking Ashland【ウェイキング・アシュランド】のEP(ミニアルバム)
日本では今年の5月にアルバムがリリースされます(Amazon.co.jp情報)。
ちなみにAmazon.comでは検索しても出てきませんでした(?)

This Day and Age、Further Seems Forever、Maeなどとツアーを
回り、Warpedツアーにも出演したそう。

ピアノが入るのがSomething Corporateにも似てる。
ビューティ・エモですね。Tooth&Nailからリリースされるんで
期待大!

サンプルはここで聴けます。
http://www.purevolume.com/wakingashland
トラバ
http://blog3.fc2.com/mtreview/?no=25
▲TOP

ブログ内検索

最近の記事

リンク



Blogarama - The Blog Directory

Rock Music Blogs -  Blog Catalog Blog Directory


相互リンク歓迎♪
コメントでタイトルを「相互リンク」にして下さると分かりやすいです。

プロフィール

Haruta Sena

  • Author:Haruta Sena
  • welcome☆



    Yahoo! JAPAN




    ども、Harutaです☆
    またFC2に戻ってきてしまった、、、落ち着きなくてすいません(T-T)
    これからまた好きなCDを紹介していくので、
    今年もよろしくお願いします♪


    オススメグッズ→
    PGS音楽市場


    今話題のブログって?
    banner_03.gif

RSSフィード

counter



音楽を今すぐDOWNLOADするなら

上でなかったらココで探してw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。