blogmaps!~新世代ロックアーティストを応援するブログ
洋楽、エモ、スクリーモ、ポスト・ハードコア、パンク、ロック、オルタナのレビュー♪
カテゴリー

最近のコメント

お気に入り

Lc.ツリーカテゴリー

  • エモ・ロック(43)
  • ビューティロック(38)
  • ロック(27)
  • 激コア(28)
  • ラウドロック(7)
  • ダンス・ハウス・ポップ(3)
  • ジャパン・エモ(1)
  • 未分類(29)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
Ash~全ての天使を解き放て!~

freeall.jpg

Free All Angels
【フリー・オール・エンジェルズ】(01)

Ash、Meltdownの前作、そしてイギリスNO1に輝いた。
フリー...はポップ感も抜群で、聴き易く、
しかもカッコイイ!

青春、爽やか、美しいメロディ、、、

こやつら、ホント良いです。
UKにも、こんな素晴らしいロックバンドがいたんだっ!

「キラキラ光る」

そんな音楽なのです。
そして、リードギターを弾いて歌う、ティム君!
「君、すげーよ」(笑


は~、Ashは最近の一押しだなぁ~。


フリー・オール・エンジェルス~全ての天使を解き放て!~(国内)

日記につづく
[Read More...]
▲TOP
Ash【アッシュ】、メルトダウン!ハードロックの名盤
meltdown.jpg
Meltdown
【メルトダウン】(04)

Ash【アッシュ】はUKのバンドで、
今作は、まさに「ハードロック!」な作品。

実は、Rockin'onで、04年ベスト50枚に選ばれていましたが、最近まで聴いてませんでした、、、
(いつも読んでるくせに、ロキオンに対して懐疑的なヤツ(笑))

でも、周りでも何か評判良いみたいなので
聴いてみたところ、
「スゲーカッコイイ!」
まさに、ハードロックなギターリフが次々と繰り出され、
卓越したメロディセンスも全曲通して素晴らしい!

これは、もーオススメ!
カッコイイ洋楽聴くなら
まずこれだ!ってぐらい(笑)

分かり易いし、とにかく「クール!」


そう、フーファイターズも、手掛けた
プロデューサー、ニック・ラスクリネスが
彼らのハードな側面を引き出したのだ。

メタルとポップネスの
中立地帯において、きらめく才能を見せています。


ちなみに彼ら、20代です。
そして、女性ギタリスト、Charlotte Hatherley【シャーロット・ハザレー】が今回ソロアルバムもリリースして、注目!

メルトダウン(国内)

人気ブログランキング!<<いつも投票ありがとざいま~す

日記につづく
[Read More...]
▲TOP
Garbage【ガービッジ】、90年代志向?女性ロッカー
garbage.jpg

Bleed Like Me
【ブリード・ライク・ミー】

Garbage【ガービッジ】の新作!
うーん、予想以上に、、、「カッコイイ!」

重さと軽さ、ハードかつポップ、そして情熱かつスタイリッシュ。
そんな、バランス感覚も見事で、すんなり入り込める感じですね。

90年代志向のロック、
て、わけで確かに、PJ Harveyとか、Cranberriesとか?
感触が近いかもしれません。


ちなみに、M1のBad Boy Friendではデイヴ・グロール(元ニルバーナ、現在フー・ファーターズのリーダー)がドラム叩いてる様です。

Amazon.com情報:
garbage.jpg
オリジナルリリース:05/4/12
レーベル: Geffen Records
レビュー数: 81
ランク: #5

USでもかなりの好印象!

ブリード・ライク・ミー
▲TOP
Maroon 5【マルーン・ファイヴ】、R&B、ジャズ、ロック

maroon5.jpg
Songs About Jane
【ソングス・アバウト・ジェーン】

Maroon 5【マルーン・ファイヴ】の超ロングセラー!
元は02年にリリースされ、去年(04)に全米チャート7位!
そして、グラミー新人賞を受賞しました。

基本的にはR&Bで、男性ボーカル(若いけど、渋い!)です。そしてどっちかと言うとハイトーンボイス。魅力はやっぱり一度聴いたら離れない、キャッチーな歌詞。「シー・ウィル・ビー・ラヴド」、「ディス・ラヴ」などが有名です。


で、全世界で800万枚を「じわじわ」と売った今作、
ホントにカッコイイですよ。
良く比較されるのは、スティーヴィーワンダー
レトロ感漂いながら、今風のアレンジが違和感なく、
私のような20代でも聴けます(実際老若男女聴けそうです)。

それにしても、02年のアルバムが今だ評価され続けるなんて!?
さすがアメリカ?


maroon5special.jpg
ソングス・アバウト・ジェーン Special Edition
【スペシャル・エディション】(04)

こちらは、上のアルバム+
全米TOP5ヒットとなった大ヒット・シングル「ディス・ラヴ」のリミックス、
そしてアコースティック・ヴァージョン等を追加収録。
Kanye Westの「ディス・ラヴ」リミックスも必聴!

内容で買うならこちらですが、
ジャケ買いするなら、間違いなく上のやつ(笑
迷うところじゃないですか???

ちなみに、Maroon 5の「Maroon」はジャケの色の事です。

Amazon.com情報:

オリジナルリリース:02/6/25
レーベル: Octone
レビュー数: 744
ランク: #16

その他ブログ:Rockbox

今話題のブログbanner_03.gif


▲TOP
Hot Hot Heat【ホットホットヒート】, Elevator
elevator_l.jpg
Elevator
【エレべーター】(05)

Hot Hot Heat【ホット・ホット・ヒート】のメジャーデビューにして、問題作!?
前作までのポストパンク路線、そしてファンクを一変!
まるで、王道のロックバンドのようですっ!

最近のロックリヴァイヴァル勢に通じる、サウンド、
そして初期BlurRadioheadにも似た、UKさも。

彼らはカナダ出身で、The Raptureと共にSub Popからアルバムを出した事もあるそうです。

Strokes【ストロークス】からの影響は大きいと思いますが、
あの気だるさを、元気さ/エネルギーに置き換えたかのようなサウンドと言えるかも。
UKニューウェイヴぽい、抑揚のあるメロのコントラストも。
とにかく、クールでファッショナブルなロックですよね。良いですっ!


ニューウェイヴ>>オルタナティヴの先駆けとなったニューウェイヴ。
70年代~80年代のパンクがアーティスティック(芸術的)な側面を増幅させ、
テーマ的に怒りや衝動を減少させていった中で派生したものらしい。
トーキング・ヘッズ、エルヴィス・コステロ、ニュー・オーダーなど、
音楽性に一貫性はなくても革新的な部分で共通するミュージシャン/グループを示しています。
最近では、Bloc Partyが現代のニューウェイヴと言われた事が記憶に新しい?

エレベーター(国内版)

▲TOP
Mars Volta【マーズ・ヴォルタ】、Frances The Mute

francesthemute.jpg
Frances The Mute
【フランシス・ザ・ミュート】(限定)

Mars Volta【マーズ・ヴォルタ】のセカンドアルバム!
今、かなり話題じゃないですか?

とにかく、半端なく「濃!!!」

これは、1人、部屋でジックリ聴くタイプの曲なのでは?
心して聴かないと、凄まじすぎる音世界に、ついていけませんよ(笑

トランス、サイケ、ハードロック、ジャズなどの要素
を混ぜ合わせた感じは、メロディと言うより、
音を肌で感じる、そんな音楽ですね。


ちなみに、一般のレビューなどを見ると70年代ロック、
レッド・ツェッペリンなどに比較されてました。

ヴォルタを聴いて、、、
話は変わりますが、昔Dream Theaterを良く聴いてました。
彼らのサイド・プロジェクトLiquid Tension Experiment
【リキッド・テンション・イクスペリメント】を思い出しましたよ。


Dream Theater>>【ドリーム・シアター】演奏のスタイルはメタルですが、
アート性が強く、社会的風刺、批判なども顕著。プログレッシヴ・メタル。




Amazon.com情報
stars-4-5.gif
オリジナルリリース:05/3/1
レーベル: Universal
レビュー数: 224
ランク: #64


Frances the Mute(From US)

ディライズド・イン・ザ・コーマトリウム(前作)

***********************************************
At The Drive-Inって?:
Mars Voltaは元At The Drive-In【アット・ザ・ドライヴ・イン】のメンバーで結成されました。
彼らは、へヴィ・ミュージック以降のエモコアシーンに多大な影響を及ぼしたことで、有名です!

At The Drive-In関連記事
ロック・リヴァイヴァルとは?
現代的USオルタナとは?

他のブログ記事:http://yaplog.jp/faulty-tower/archive/121
http://redpants.saddog.pupu.jp/?mode=comment
http://blog.livedoor.jp/mythmusic/archives/16765466.html
http://romanza.exblog.jp/370487
http://siesta7mejallo.ameblo.jp/entry-387bb60270bc4964feba4856552b8cc5.html#tbox
http://morimorimusic.ameblo.jp/entry-ea0b925a440d6d6bf75d41bd0a724b09.html
http://blog4.fc2.com/fugazo/blog-entry-18.html
▲TOP
Beck【ベック】、Guero【グエロ】 と言う傑作

guero2.jpg
Guero
【グエロ】

Beck【ベック】の2年ぶりの新作です。
ベック的大道である、オディレイ(モップ犬)路線に
立ち返った作品であり、今までのアルバムの要素も散りばめた
出来になっております。

1曲目のE-ProからBeck節が炸裂して、
オディレイが好きな方には至福の時(私のような)。

で、とにかく、ファンキーで楽しい!
SE(サウンドエフェクト)、民族楽器(かな?)、アコギ(フォークっぽい)、スクラッチなどなど、
全曲違う感じで、でもBeckらしいバランス感覚で、統一感を持たせる彼の才能も凄い。

初めてBeckを聴く方もこれは良いんじゃないかと思いますよ!


ちなみに、
ファンクは元は黒人音楽で、執拗にフレーズを反復させることで、
肉体的なグルーヴを生み出します。
ヒップホップ、ハウス、ディスコ、テクノの源流。

▲TOP

ブログ内検索

最近の記事

リンク



Blogarama - The Blog Directory

Rock Music Blogs -  Blog Catalog Blog Directory


相互リンク歓迎♪
コメントでタイトルを「相互リンク」にして下さると分かりやすいです。

プロフィール

Haruta Sena

  • Author:Haruta Sena
  • welcome☆



    Yahoo! JAPAN




    ども、Harutaです☆
    またFC2に戻ってきてしまった、、、落ち着きなくてすいません(T-T)
    これからまた好きなCDを紹介していくので、
    今年もよろしくお願いします♪


    オススメグッズ→
    PGS音楽市場


    今話題のブログって?
    banner_03.gif

RSSフィード

counter



音楽を今すぐDOWNLOADするなら

上でなかったらココで探してw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。